自動売買の仕組みを超初心者にも分かるように解説!MT4の導入方法も

FX/自動売買(EA)

 

FXに興味がある人の中には、自動売買を検討している人も多いかと思います。

しかし、自動売買の知識や仕組みが分からない人にとっては、

「自動売買してみたいけど、何から手をつけて良いか分からない!」

という方も少なくはないはずです。

そこで今回は、FX初心者でも分かる自動売買の仕組みとおすすめのツールを解説していきます。

本記事を最後まで読むことで、自動売買のノウハウを手に入れることができます。

 

FXトレードに自動売買(EA)を活用してみよう!!

 

そもそもFXの自動売買とは?

そもそもFXの自動売買とは、どういったものなのでしょうか?

以下では、FXの自動売買について解説しています。

 

一定のルールに沿って自動で取引する

FXの自動売買とは、その名の通り「FXの取引を自動で行うツール」のことです。

自動売買ツールは、ユーザーが初めに設定した一定のルールに沿って、自動で取引していきます。

例えば「米ドルが〇〇ドルになったら日本円で〇〇円買う」というように、設定しておけばあとは自動売買が勝手に取引してくれるのです。

 

裁量取引との違い

FXには、自動売買の他に裁量取引と呼ばれるものがあります。

裁量取引とは、自動売買と異なり全て手動で取引を行います。

一般的に言われるFXトレードが裁量取引です。

投資家自身が購入や決済のタイミングを判断し、あらゆる決定をしていくのです。

そのため、裁量取引にはある程度の知識と分析力が必要になってくるでしょう。

自動売買と裁量取引のどちらが優れているのかは、一概には言えません。

メリットデメリットを正確に把握することが大切で、投資家は自分や相場に合った取引方法を選択することが求められます。

 

裁量と自動の組み合わせが最強!?

 

自動売買の仕組み

自動売買の仕組みの流れは、次の3つのように動いています。

 

  1. 相場の環境認識
  2. 新規にポジションを持つ
  3. 持ったポジションで決済

 

以下では、FXの各仕組みについて解説しています。

 

相場の環境認識

 

FXは当たり前ですが、常に値が動いています。

特にFXの場合は、振り幅が大きく時間帯によっても値動きが異なってきます。

自動売買は、こうした相場の環境を常に監視し認識しているのです。

 

新規にポジションを持つ

FXにおけるポジションとは、分かりやすく言うと「持ち高」のことを指しています。

つまり、通貨を新しく買ったり売ったりした分がポジションです。

買いポジションが「ロング」、売りポジションは「ショート」と呼ばれています。

自動売買は自動的にロングとショートを行い、ポジションを獲得しています。

 

買いポジションを「ロング」売りポジションを「ショート」と呼びます

 

持ったポジションで決済

FXは、ポジションを持つと含み損益が発生します。

ただ、FX取引はポジションを持っているだけでは利益にななりません。

持っているポジションを実際に決済することで、初めて利益が確定します。

自動売買は、この決済までの一連の流れを設定することで、全て自動で取引が行えるのです。

 

自動売買はうまくいけば勝手に利益が積み上がっていきます

 

自動売買のメリット

FXで自動売買をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

以下では、自動売買のメリットについて解説しています。

 

寝ていても取引可能

FXは、基本的に24時間取引が可能です。

利益を逃さないようにするためには、こまめな相場チェックは欠かせません。

しかし、一日中パソコンに張り付いて相場を監視することは不可能に近いでしょう。

そこで、自動売買を導入することで、人間がパソコンに張り付くことなく取引を行ってくれます。

つまり、あなたが寝ている間にもあなたの代わりに自動売買が取引してくれるのです。

このように自動売買は、人間を相場チェックから開放してくれるアイテムだといえるでしょう。

 

自動売買は人間を相場チェックから開放してくれるアイテム

 

感情に左右されない

FXの取引をしていると決済の踏ん切りがつかなかったり、決済を焦ってしまったりします。

人間には感情があるので、FXの激しい値動きに困惑しメンタルが疲弊してしまうことが非常に多いです。

自動売買ならルールに沿って取引してくれるので、感情に流されることなく取引できます。

投資の世界では儲けるために一番の障害は、感情であるといわれています。

自動売買は、そんな障害を取り除いてくれるツールなのです。

 

FX自動売買は感情に左右されない取引が可能

 

難しい知識は不要

FXは、テクニカル分析や決済のタイミングなど、専門的な知識が必要です。

しかし、FX初心者にとっては難しく、FXを始める前に途中で挫折してしまうことも少なくありません。

それはあまりにも勿体ないです。

自動売買なら、難しい知識は不要でFXを開始できます。

最初の設定だけすれば、あとは自動で取引が可能です。

このように、自動売買は初心者にとっても心強い味方になるツールです。

 

自動売買ツールはMT4がおすすめ

自動売買を始めるには、自動売買ツールを口座に導入する必要があります。

現在では、さまざまな業者が自動売買ツールを展開し販売しています。

中でもおすすめなのが、MT4と呼ばれる無料のツールです。

以下では、MT4について詳しく解説しています。

 

MT4を使ってみよう!!

 

MT4とは

MT4とはMetaTrader4(メタトレーダー4)の略で、無料でありながらも高度なFX取引が可能なツールです。

ロシアのMetaQuotes Software社が開発したツールで世界中で使われており、FXの世界で最も有名な取引ツールといってもいいでしょう。

 

MT4のメリット

MT4を導入することで、さまざまなメリットが存在します。

以下では、MT4のメリットをいくつかみていきましょう。

 

自動売買ができる

 

MT4の最大のメリットは、何といっても自動売買ができる点です。

自動売買のことをMT4ではEA(Expert Advisor:エキスパートアドバイザー)と呼びます。

このEAは基本的には有料ですが、無料で配布しているものもあります。(※個人的意見ですが10万円を超えるような高額EAは詐欺の可能性もあるので気をつけた方が良いと思います)

さらに、プログラミングの知識があれば自分でEAを作成することも可能です。

 

自分好みにカスタマイズできる

MT4の人気の理由の一つに、カスタマイズ性の高さが挙げられます。

MT4は、さまざまなインジケーターが用意されています。

インジケーターとは、移動平均線やMACDなどのテクニカル指標のことです。

MT4のインジケーターは豊富で、50種類以上もあります。

これらのインジケーターを自分好みに自由にカスタマイズできるので、必要な情報だけを表示してくれます。

このようにMT4は自動売買だけでなく、分析ツールとしても超優秀なんです。

 

スマホにも対応している

MT4はスマホにも対応しています。

IOSとAndroidどちらにも対応しているので、機種を選ぶことなく利用できます。

出先で相場のチェックや、自動売買の履歴が確認できるのも利便性が高いでしょう。手動決済もできます。

このようにMT4は、アプリもリリースしているのでどこでもFXの取引が可能です。

PCだけでなく、スマホアプリも利用することで取引の幅が広がります。

 

MT4アプリもインストールしておこう!!

 

MT4を使った自動売買の始め方

ここからは、MT4を使った自動売買の始め方を解説していきます。

やることを順を追って解説していきます。

 

はじめにFXの基礎を身につけよう

自動売買を始める前に、まずはFXに関する知識を身につけていきましょう。

「それがめんどくさいから自動売買にするのに・・・」

と思われる方もいると思いますが、いくら自動売買といえども勉強は必要です。

最低でも、チャートの見方や簡単な用語くらいは覚えておきましょう。

また中には、無知なFX初心者を狙って、中身のない自動売買ツールを高額で売りつけてくる業者もいます。

そのような悪徳業者に引っかからないためにも、日々の勉強は欠かせないのです。

 

最低限のFX知識は身につけてから自動売買に挑戦しましょう

 

【無料】現役プロトレーダーが総合監修したFX投資E-BOOK図解オールカラー128P 

最低限のFX知識を身につけるのにおすすめの教材↑(無料です)

 

 

MT4対応業者の口座を開設する

FXで自動売買を始めるにあたり、初めにやることは口座開設です。

自動売買を動かすには基本的に海外口座を使用します。

国内のFX会社は独自の取引ツール(MT4じゃない)を使用してる場合がほとんどですので勝手にプログラムをぶち込んで稼働させると規約違反でBANされます。

すでに自分が使ってる国内業者で稼働させればいいや、と都合よく考えてしまうとBANだけでなく資金凍結にもなりかねませんので絶対にしないようにしてください。

 

VPSを契約する(お名前.com)

FXの口座を開設したら次は、VPSを契約しましょう。

VPSとは、MT4を動かすためのもう一つのパソコンです。

通常、24時間自動売買しようとすると、365日パソコンの電源をつけっぱなしにしておく必要があります。

そうなると、電気量も消費しPCの本体環境的にもよくありません。

また、万が一パソコンが故障した時などは、MT4が稼働しなくなってしまう可能性があります。

VPSを導入することで、パソコンの電源を落としてもMT4が機能し続け自動売買してくれるのです。

VPSのおすすめは、「お名前.com デスクトップクラウド」です。

お名前.comは、MT4の作業軽量化とトラブルの少なさから人気のVPSで、多くの人が利用しています。

 

自動売買にはVPS(有料)が必須。月額2,000円以下で充分な性能です。

 

MT4をインストールしてFX業者に接続

口座開設とVPSの契約が終わったら、PC上にMT4をインストールし、業者のサーバに紐付け(接続)していきます。

MT4の紐付けは各業者によって異なるので、FX業者のヘルプや問い合わせなどのサポートを利用しましょう。

 

EAを入手する

 

次にEAを入手していきます。

EAは「いくらの時にどれだけ買って、いくらになったら売る」というシステムが組み込まれた自動売買の指示書のようなものです。

EAには、無料のものから有料のものまでさまざまなものがあります。

おすすめは、無料のものから初めて、慣れてきたら自分で作成することもできるので、自分に合ったEAを探していきましょう。

 

EAをバックテストする

せっかくEAを入手しても、儲からなければ意味がありませんよね?

しかし、本当に儲かるのかはやってみないと分からないし、かと言って自分の身銭を削ってまで試すのは微妙です。

そこでバックテストで検証していきましょう。

EAのバックテストとは、過去の相場でEAをテストすることで、実際に利益が出たのかを試す方法です。

バックテストは、最低でも2〜3年分行うのが理想的です。

そうすることで、入手したEAの勝率が分かります。

 

悪徳なとこはバックテスト結果を改ざんしている噂なんかもありますのでバックテストの結果のみを鵜呑みにするのも危険です。やはり自分でロジックを見て理解できる程度の知識は必須となるでしょう。

 

EAを正式に稼働させる

EAのバックテストを試したら、いよいよ正式にMT4でEAを稼働させましょう。

最初のうちはデモ口座で稼働させてみて、特にトラブルがなければ実際の口座で稼働させる流れがおすすめです。

無料配布のEAを使う場合は指定口座(デモ不可)じゃないと稼働しない等ありますので詳細は配布元に確認することをおすすめします。

これで一通りのFX口座にMT4を導入し、自動売買を行う流れが完成しました。

 

まとめ

ここまで、FX初心者でも分かる自動売買の仕組みを解説してきました。

FXは一見難しい投資に感じますが、今は昔に比べて便利なツールがたくさん出ているので始めるハードルは低くなっています。

本記事を参考にしながら、ぜひ自動売買を始める準備をしていきましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました