<ジャクソンホール会議>みんな勘違いしてる!?ファンダメンタルの正しい活用方法とは

コラム

 

 

トレードをするなら理解必須のテクニカル分析と並んで重要とされるファンダメンタルズ分析

けど、ぶっちゃけ、トレードに活用できてますか?

 

だって、よくわかんないし…

そうなんです。

テクニカル分析は初心者の人でも理解しやすく覚えるのも早いんです。で、もちろんそれだけでもトレードはできます。勝つことも可能でしょう。

 

よくテクニカルの猛者みたいな人がツール売ってたりするよね

そ、そうねw

初心者にもとっつきやすい、なんだかすごそう、厨二心をくすぐる

的な理由で売れるのでしょうか。

買って使ったことがあるって話は山ほど聞きますが、今でも継続して使ってるって人には一人も出会ったことがありません。つまり?

 

ゴミってこと?

は、はっきり言うねw

 

 

 

みんな勘違いしてる!?ファンダメンタルの正しい活用方法とは

 

この記事ではファンダメンタルの重要性と具体的にファンダメンタルをトレードにどうやって生かしていくかってことを解説していきます。

ちょうど8月の末には1年に1度の大きなファンダメンタルと言える

 

ジャクソンホール会議

 

も開催されます。

「何ソレ?」って思った人は特に参考にしてくださいね。

 

 

 

ジャクソンホール会議とは?

 

【ジャクソンホール会議とは】

カンザスシティ連邦準備銀行が米国ワイオミング州のジャクソンホールで毎年8月に開催する経済政策シンポジウムのこと。世界各国から中央銀行総裁や政治家、学者などが参加し、世界経済や金融政策について議論を交わす。

 

は?

うんうんw

OKOKw

 

内容についてそこまで知る必要はないです。学問の領域で勉強したいって人は別だけど、トレードに関係があるかって言われると、、、ないですw

 

なんだよ!じゃー、気にしなくていいじゃん!

それ!

 

それがダメなんだ!!

 

その考え方がファンダメンタルを遠ざけてしまう要因なんだああああ!!!!

 

 

 

ええ、、、急にキレる老害じゃん、、、

ご、ごめん…。

 

 

 

と、とにかく!ジャクソンホール会議のように注目度の高い経済指標を具体的にどのようにトレードに活用させていくのかを解説するよ!

 

待ってました!

 

 

 

あなたも勘違いしてるかも!?あるあるの勘違いについて

 

1番無意味なのが

 

経済指標結果を予想する

 

ってことです。

 

え、、、?

やってた?

 

 

確かにたまに予想できることもあります。予想して事前にエントリーして稼ぐこともありますが、けどそれって経済指標結果を予想してるんじゃなくて経済指標結果がどんな結果であれ動く方向が決まってる状態を予測してる。ってことなんです。

 

 

・・・???

 

 

その地盤となるのが今回取り上げている「ジャクソンホール会議」だったり「FOMC」だったりするってわけです。

 

【FOMC】とは

FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合のことです。日本では、「日銀金融政策決定会合」で金融政策を決定していますが、それに当たるものがFOMCです。

FOMCは年に8回開催され、現在の景況判断と政策金利(FF金利)の上げ下げなどの方針が発表されます。その結果が市場の予想とは違った場合には、株式市場や為替レートが大きく変動することがあり、世界の金融マーケットにも大きな影響を及ぼします。

 

 

 

注目度の高い経済指標を具体的にどのようにトレードに活用させていくのか

もうちょい具体的にオネシャス!!

OK。今の大局(大きな流れ)はドル高だよね。

 

(ドル円週足TradingView

 

 

コロナ発生後FRBによる2度の緊急利下げ→一気にドル安→2021年初めの102.60水準を起点に転換→コロナ脱却、テーパリング(利上げの前段階)への期待からドル高へ→今現在

 

まずはこの地盤がわかってることが前提。上の一連の文章の意味が理解できていれば100点満点。

で、この状態で経済指標結果が悪かった場合。今年何度もあった現象ですが、一瞬だけドル安に触れてその後一気にドル高に戻す。

 

あったかも、なんでー?って思ってた、ちょっとだけ

ち、ちょっとだけ…

 

 

理由が今説明したように、

・大局がドル高の地盤が出来上がってる
・大きな経済イベント前である→ジャクソンホール会議、FOMC等
・市場参加者が強気(他に注目要因が少ない)

 

こんな感じ。ここまで揃っていれば経済指標の結果を予想するのではなく、どんな結果が出ても方向性が一定になる可能性が高いので経済指標発表を狙い打ってもOKってこと。

 

なるほどー!!

 

 

 

あと大事なのが、ポジションがドルロングに傾きすぎていないこと。

 

どうしても為替は回帰性があるので一方向にずっとレートが走るってことはあり得ません。特にドルと円、ユーロなど流通量の多い通貨は特に。3日でドル円が20円とか動いてしまうと実経済のほうで打撃を受ける企業もあり各国経済バランスが崩れます。各国中央銀行はそのバランスを守るために様々な施策をするわけなので基本的にはポジションの傾きは是正されるものと考えておきましょう。

 

なのでポジションがロングに傾きすぎている場合に上記したような地盤が整っていたとしてもさらにドル高に進む可能性は低くなると言えます。

 

 

 

それでも基本はノーポジ推奨の理由

 

よっしゃ!とにかくドル高方向やな!ドル円ロング!ユロドルショートやで爆益や!

 

ちょい待ち!!

 

それでもやっぱり重要経済指標発表時、イベント時は

ノーポジ推奨

です。

それかポジション管理、資金管理をしっかりと理解した上でのリスクの取り方をしましょう。

 

なんやねん、度胸ないのー

 

 

・・・。

 

 

 

 

FXって、24時間トレードできるんだけど勝つポイントって一瞬だったりするんです。

初心者ほどポジション保有時間が長い。

俗にいう「ポジポジ病」ってやつ。

 

【ポジポジ病とは】

ポジポジ病というのは、「常にポジションを持っている状態」のことを指していて、自分のトレード計画や分析を無視してポジションを持ってしまうことを指します。 当然のことながら、自分が立てた計画やセオリーを無視してポジションを持ってしまうので損失が発生する確率も高くなります。

 

 

 

経済指標の発表時というのはそもそも値動きの予測は不可能で通常よりも大きな値動きになる可能性が高い。たしかに一瞬で大きく儲けることができそうですが、もちろんその逆の可能性も同じだけありますよね?

 

なのでレバレッジトレードでそんなリスクをとる必要はないんです。

もっと確度の高いところ「だけ」勝負していけばいいんです。

 

わ、わかりました…

 

わかればええねん!!

 

(ぐ)ぐぬぬ…

 

 

 

ファンダメンタルの正しい活用方法

 

最後に本題。ここまでは現状(今年)の相場に合わせた解説をしてきました。ぶっちゃけ今年は異常ってか、特にファンダメンタルでの動きが目立ちました。

今年の相場でやられた、もしくはわけわかんなくなったって人はまず間違いなくファンダメンタルの知識不足。それかファンダメンタルを軽視してるかのどちらか。

逆に言えばファンダさえわかっていればここまでは非常にトレードしやすかったはずです。

 

だって、とにかくドル高やもんな

 

そういうこと。で、その理由はなんだった?

 

え、、っと、、、

 

これやw

 

理由が大事!上から読み直して!!

 

なんか、、今回厳しない?

 

 

 

期待で上げる時期を狙い撃とう!!

 

基本的に経済指標発表時はノーポジと言いました。サプライズによりいらないリスクをとらないためです。

ではノーチャンスかというと、そんなことはありません。ちゃんとチャンスはあります。

例えば今年の「ジャクソンホール会議」は8/26から28日にかけて開催されます。

米国のテーパリング開始時期に市場参加者の注目が集まっています(この情報は日々のニュースチェックしかないです)

テーパリングはいつかする、いつかしなければならない(今が緊急利下げしている状況だから)ものなので(市場参加者の多くがそう思っている)ジャクソンホール会議でなんらかの言及があるのではないだろうか、もしあればドルが買われることになるから今のうちからロングしとこかな、

といった具合でジャクソンホール会議の内容を待たずにドル高が進行する可能性があります。これを

 

期待上げ

 

と読んだりします。

 

相場格言に

 

「噂で買って事実で売る」

 

というのがあって、まさしく期待で上げて事実が期待通りだった場合に売られてしまうといった現象が今年はよく起こっています。

このことこそが今年がファンダメンタル要因中心で相場が動いてる証拠です。

 

 

 

重要経済指標は年間スケジュール管理

 

期待で上げる時期を狙い撃つためには重要経済指標のスケジュールを把握しておく必要があります。

 

細かいもの(重要度の低いもの)は必要ありませんが

・FOMC
・雇用統計

最低でもこの2つ。あとジャクソンホール会議は年に1回なのでさすがにもう覚えましたよね?

使ってるFX会社で見れると思いますし調べればすぐに出てくる情報なのでスクショするなりメモしておくなり。

 

 

あと、期待上げの具体的な時期ですが、それは分かりませんw

 

大事なとこー!!😭😭

 

ごめんごめん、

でもね、こればかりは経験も必要で、一概に1週間前!!とか言えないんす。

 

 

他に注目材料がないこととか、土日祝日の兼ね合いとか、例えば今なら8月で欧米は夏休み→大口の仕掛けが入りにくい→大きな値動きになりにくい

等々。状況によって異なりすぎるのでなんとも言えませんが、

 

そういう目線で相場を見ること

 

が何よりも大切です。

過去検証よりも未来検証。これができないとFXで勝ち続けることはできないと思います。

 

 

 

まとめ

 

みんな避けがちなファンダメンタルの話、いかがでしたか?

 

ちょっと難しかったかもしれませんが、本当にファンダメンタルを理解できてるかどうかで勝率はかなり変わってきます。

テクニカルももちろん大切ですが大枠はファンダメンタルで作られます。

 

 

持論ですが

 

ファンダメンタル→時間帯→テクニカル

 

って順番です(時間帯ってのはボクが勝手に読んでるだけなので多分調べても出てきませんw)

難しいですがコツコツ頑張っていきましょう。

そんなすぐに勝てるようにはならないと思いますが正しく継続していけばきっと勝てるようになります。

 

 

ぜひ一緒に頑張ってくれる方はぼくのYouTubeチャンネルにも遊びに来てください。

ぐりちゃんねる
見にきてくれてありがとうございます。 毎晩トレードしていますが寂しいしひとりでつまんないし、なので生配信でもやろうかと。気軽にコメントしてください。わちゃわちゃしましょう。 主にFXトレードをしながら雑談をするチャンネルです。FXわかんない人でも歓迎です。お金、投資、ビジネス、下ネタなどなどなんでもこいって感じで。...

毎日のトレード戦略等、初心者の方にも分かりやすく解説しています。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

皆さんに爆益あれ!!

 

bye-bye

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました