ノーリスクで爆発的に稼ぐ唯一の方法【海外FX】

FX/自動売買(EA)

 

5万円を賭けていただきます

最大損失は5万円

最大利益は、無限大

やりますか?

 

本記事は簡単にまとめるとこういうこと。そしてその具体的方法をまとめました。続きを読むも読まないも、チャンスを掴むも掴まないも、あなた次第…

 

FXの特徴を知ろう

ネタっぽい始まりになってしまいましたが、ネタじゃありませんw

FXに興味を持っていただくきっかけになればと思い、記事を書くことにしました。

まずはFXとは何かから簡単に説明していきます。

 

外国為替証拠金取引

FXとは日本語で「外国為替証拠金取引」

なんだかよくわかりませんねw

海外旅行に行った時を想像してみましょう。日本からアメリカに行ったら現地通貨が必要ですよね。円を米ドルに両替する必要があります。

この時、1ドルくださいな、と言うと100円ね、と言われる時と110円ね、と言われる時があるんです。

1ドルが100円なのか、110円なのか。これは一分一秒絶え間なく変化してるんです。

この金額を決定しているのが為替でありFXトレードってこと。

特にFXトレードはこの価格差を狙って儲けを得ようとするゲームのようなものです。

 

世界最大のFXトレーダーとは

個人トレーダーからファンドと呼ばれる組織でトレードする団体まで世界中にはたくさんのトレーダーが存在します。

まだまだ日本では馴染みがないかもしれませんが、海外ではトレードは意外と身近なものなんです。

それこそ子供が親の見様見真似でトレードして莫大な金額を稼ぐ、なんて事例もたくさんあります。

では、世界最大のFXトレーダーとは誰なんでしょうか?

答えは「GPIF」と呼ばれる機関投資家です。

GPIFとは「年金積立金管理運用独立行政法人」と呼ばれる組織。

そう、日本です。日本の組織が世界最大の機関投資家(プロトレーダー)と言われています。

 

私たちの年金はFXトレードに使われている???

この事実はFXや金融に興味ないと知らないことがほとんどでしょう。

私たちが支払っている年金は「GPIF」のFXトレード資金となっているのです。

えええええええ!?!?

って思いますよねw

でも大丈夫。勝ってますからw

市場運用を開始した2001年度から2019年度までの累積収益額は、+57兆5,377億円となりました。

ご、ゴ、後、57兆・・・???www

このように日本人にはなかなか馴染みのないFXトレードですが、日本はFXトレード大国なのです。

 

ノーリスクで爆発的に稼ぐ唯一の方法

さて、FXが身近に感じられたところで具体的な内容に入っていきましょう。

大前提として今回紹介する「ノーリスクで爆発的に稼ぐ唯一の方法」は海外FX口座が必要となります。

理由は国内では様々な規制によりトレーダー不利な条件が多いからです。

 

海外FXと国内FXの違い

細かな違いがたくさんありますが、その大元となる原因は日本の金融庁です。

金融庁が定めるルールの中だとトレーダー不利になるものが多いのです。

国内FXは金融庁の認可が必要。海外FXは不要です。

金融庁の認可がないと不安、信頼できない!!って方にはこの方法は当てはまりません。というより海外FXでのトレード自体ができませんね。

 

金融庁の認可って必要なの?

そもそも金融庁の認可って必要なんでしょうか?

ぼくとしては全く不要。むしろ日本の金融庁こそ法改正していただきたいと願うほどです。

極論かもしれませんが、日本人のマネーリテラシーが低い最たる原因だとも思っています。

海外FXは業者にもよりますが、このブログで紹介しているような名のある業者であれば全て日本以外の国でライセンス取得しているので全く問題なしと考えます。

むしろ金融庁の古き悪しき慣習に従わなければならない国内FX会社が不憫でなりません…。

 

海外FX唯一のデメリットは〇〇

これも微妙ですが、〇〇=税金です。

FXの儲けには税金がかかってきて、国内FXと海外FXとではその仕組みが異なります。

国内FXは一律で約20%の税金がかかります。

年間100万円の利益であれば20万円を税金で取られます。

対して海外FXは「累進課税」となっていて、最大50%ほどが税金となります。

ひえええ😱

と感じるかもしれませんが、あくまで「累進課税」なので、儲けが少なければかかる税率も低いのです。

年間利益が330万円〜695万円の場合、税率は約20%。国内FXとほぼ同等です。

逆に330万円以下の場合は、国内FXのほうが高い税率ということになるので年間300万円程度の利益のトレーダーは国内FXのほうが税金が高くなるのです。

なので大きな金額を扱うようになると海外FXは税金面でデメリットになると言えるでしょう。

 

海外FXの三大特典

ある程度歴のあるFXトレーダーなら普通に行っている方法です。

海外FXの三大特典をフル活用します。

特典①ハイレバレッジ

特典②ゼロカット

特典③ボーナス

レバレッジは国内だと最大25倍(これも金融庁の規制によるもの)

海外なら400倍,888倍,1000倍,2000倍と業者により異なります。

ただ国内が25倍が最大であることを考えると、400倍もあれば充分です。

「ゼロカット」とは簡単に説明すると、入金額以上の損失が出ることはない、とトレーダーを守る仕組みです。

これも国内では金融庁の規制により適用できない仕組み。

「ゼロカット」について詳しくはこちら👇で解説していますので参考までに。

FXで借金!?トレーダーの強い味方「ゼロカット」とは
FXの取引を行っていると市場の急激な変化によって、大きな損失が発生する可能性があります。 そんな時に海外FXの「ゼロカット」という独自のシステムを使えば、例え自己資金以上の損失が出たとしてもトレーダーが借金を追うことはありませ...

 

「ボーナス」とは国内にも多少はありますが、FXにはよくキャッシュバックキャンペーンや口座開設ボーナス、入金ボーナスといったサービスを行っています。

海外は特に盛んで、業者にもよりますがかなりお得なものもあります。

 

【結論】具体的方法

この3つの仕組みを使うと、ある素晴らしい方法が可能となります。勘の良い方はもうお気付きですか?

例えば海外FX会社の代表格「XM」を例に取ります。

ここは基本常に(正しくは公式確認願います)ボーナスを実施しており、初回入金ボーナス100%があります。

初回入金ボーナス100%とは上限5万円で、入金した額と同等をXMがプレゼントしますよ、といった内容。

つまり口座開設をし5万円入金すると10万円の証拠金から取引を開始できるのです。

冒頭にありましたよね?

『5万円を賭けていただきます

最大損失は5万円

最大利益は、無限大

やりますか?』

あなたが賭けるのは5万円。失うのは最大5万円(ゼロカットの保証により)

最大利益はハイレバレッジによって、無限大。

中には(GEMFOREX、IS6FX等)入金無しのボーナスを提供している海外FX会社もありますので全くのノーリスクでこの方法を使用することも可能です。

(例)口座開設→2万円ボーナス(入金0)→ハイレバレッジ取引→勝てば利益は無限大。負けてもノーダメージ(ゼロカットにより借金の可能性は0)

※ボーナス金の取引は出金条件が各社異なります。必ず公式を確認するようにしてください。

FXはその時点より価格が上がるか下がるかの2択。1回やると勝つ確率は50%ですが、2回やると期待値はイーブンに。3回目以降は期待値が大幅にプラスになっていきます。

こんなに割の良いギャンブル他にあるでしょうか?

 

準備するのにおすすめな海外FX会社5選

海外FXには確かにきな臭い噂もあって、出金拒否等気になるところでしょう。

基本的に出来たばかりの会社やライセンスを取得していない業者は使用しないほうがいいです。せっかく勝利しても出金拒否されては大迷惑ですからね。

そこで以下にぼくが実際に使用している海外FX会社5社を紹介します。

ここに挙げた5社は歴史もありライセンスも取得しており日本人FXトレーダーからの評判も高い業者となります。

【XM】

https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=558885&l=ja&p=0

 

【IS6FX】

口座開設|IS6FX
初心者でも安心で解りやすい海外FX「IS6FX」の口座開設ページです。約5分で登録は完了します。

 

【GEMFOREX】

口座開設フォーム|GEMFOREX
GEMFOREXでは口座開設の際に口座開設に伴う身分証明書などの書類の提出を必要としないクイック口座開設を取り入れております。名前とメールアドレスのみをご入力頂く事で最短30秒で口座開設が完了し、いつでもトレード開始できる状態となります。

 

【Axiory】

AXIORY(アキシオリー): FXブローカー
AXIORYは、投資に革新をもたらすFXブローカーです。世界最高水準の安定性を誇るFX取引環境で、迅速なトレーディングをご体験ください。

 

【Titan FX(タイタン)】

FX|オンライン外国為替取引|Titan FX(タイタンFX)
最大レバレッジ500倍。Titan FX (タイタンFX)は、0.0銭からの業界最安値のスプレッドとクイック銀行入金に対応した、人気の海外FX業者です

 

口座開設は簡単なんですが、初めてだったり慣れないとちょっと手間に感じてしまうかもしれないので、おすすめは一気に複数社口座開設してしまうことです。

基本的にどこも似たような流れ、準備資料(身分証明等)が必要になりますので一気にやってしまったほうが効率的です。

本記事で紹介した方法も1回だと負けちゃうかもしれませんが何度もトライすることで勝率を上げることが可能なので先に複数口座用意しておいたほうが賢明でしょう。

 

まとめ

通常トレードでは資金管理を徹底しとにかく許容ロットを見極めることが大切ですが、今回紹介した内容はその外の話となります。

つまりトレードではなく、ギャンブルですね。

もちろんやるやらないは自己判断でお願いします。

しかしマジメにコツコツトレードするよりも、爆発的に、瞬間的に大きく稼げる可能性があることは事実です。

幸運を祈ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました